妖怪

平安時代の陰陽師【安倍晴明】伝承や物語・正体を考察!

「安倍晴明」とは、平安時代に活躍した陰陽師です。

陰陽道に関して非常に優れた人物であり、蘆屋道満とはライバル関係にあったとされています。彼の陰陽師としての力は母親譲りではないかという説があります。

「安倍晴明」の伝承

幼い頃から天文暦学や神道に秀でた才能を見せており、それらを自在に操っていたという話が残っています。

また、この才能は晴明の母親が稲荷の狐「葛の葉」であるからと言われています。

安倍晴明は類い稀な才能を持ちながら陰陽師の集う「陰陽寮」の長にはならなかったものの、その地位は寮の長よりずっと高位であったと伝えられています。彼の死後は日本各地に安倍晴明を祀る「晴明神社」が建てられ、その能力にあやかれるように参拝に来る人も多いそうです。

「安倍晴明」の物語

安倍晴明の物語いくつかありますが、その力の由来となった話をご紹介させていただきます。

今から千年以上前のお話です。現在の大阪市阿倍野の里に安部保名という男性が暮らしていました。

保名は父の代で没落してしまった家の再興を願い、信太森葛葉神社に参拝していました。そんなある日、神社の境内で保名は狩人に追われていた白狐を見つけ、助けてあげました。しかし、その際に保名もケガを追ってしまい気を失ってしまったそうです。

命を救われた白狐は美女に化けて保名を介抱し、家に送り届けるだけでなく、その後も何度もお見舞いに来てくれました。その際「葛の葉」と名乗ったそうです。そんな保名と葛の葉は次第に惹かれ合い、やがて1人の子供をもうけました。この子供の名前は童子丸。後に安倍晴明と呼ばれるようになります。

童子丸が5歳になった頃、葛の葉は神通力を緩めてしまい、本来の姿を我が子に見られてしまったのです。正体がバレてしまった事を悲しんだ葛の葉狐は家の障子に「恋しくば たすねきてみよ 和泉なる 信太の森の うらみ葛の葉」と一首を書き残して家を出ていってしまいました。

父子は葛の葉が狐だと分かっても愛しい気持ちは無くならず、信太の森を訪れました。この際神社には今まではなかった葛が生い茂っており、これを晴明のお守りにしたとも伝えられています。

神社で姿を現した葛の葉は稲荷大明神から預かっていた霊宝である黄金の箱と水晶玉を父子に渡して姿を消しました。この霊宝は後に晴明の強力な仕事道具となり、天皇の病気を治したり、蘆屋道満との力比べで相手を見事に破るという快挙を成し遂げ、陰陽師・安倍晴明の名を世に知らしめたのでした。

「安倍晴明」の正体

安倍晴明は人間であり陰陽師ですが、稲荷の狐・葛の葉と人間のハーフであるという話も残っているため、それが「安倍晴明は妖怪」という考えを生んだのかも知れません。「ぬらりひょんの孫」というマンガでは「羽衣狐」という狐の妖怪が生んでおり、晴明の事を「鵺」と呼んでいました。

参考資料上、鵺は晴明とは無関係の妖怪ですが、妖怪のハーフという説を巧みに使った表現だと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA