妖怪

有名な妖怪【雨傘】伝承や物語・正体を考察!

「雨傘」とは、日本中に広く伝わっている妖怪で、「唐笠お化け」「唐笠傘小僧」等と呼ばれる場合もあるようです。

「雨傘」の伝承

長い年月を経た「唐笠」等の雨傘が妖怪化した存在であるとされています。

また、妖怪というよりは付喪神の1種という考え方もあります。古ぼけた傘からは1本足が生え、大きな1つ目と長い舌が生えているとされています。

「雨傘」の物語

有名な妖怪でありながら詳しい物語は伝わっておらず、傘から生えた1本足でピョンピョンと跳び跳ねるそうです。

また、2本足であったり、閉じた傘を被った人型の妖怪であるとも言われています。

「雨傘」の正体

雨傘の正体ですが、創作話あるいは絵巻物にだけ語られる妖怪とも言われています。

人間に無害でひょうきんな見た目が多くの人々に親しまれたために有名な妖怪になったと思われます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA