妖怪

スサノオの狂気【天逆毎】伝承や物語・正体を考察!

「天逆毎」とは、「アマノザコ」と読み、日本神話に登場する神「スサノオ」の猛気から生まれたとされています。

天邪鬼や天狗等の妖怪の祖先であるという説もあります。

姿は人間に似ていますが体の所々が獣や鳥に似ており、思い通りにならないと暴れまわるという危険な女神です。

「天逆毎」の伝承

天逆毎は「天逆毎姫」と表記される事もあります。スサノオが自らの体内に溜まった荒ぶる猛気を吐き出した際、その猛気が形を成して誕生した女神とされています。

その姿は人間に似ているものの、顔は獣のようで鋭い牙と天狗のように高い鼻を持ち、耳は長いと言われています。

性格は非常にワガママであり、自分の思い通りにならないと暴れまわり、力のある神々すら用意に投げ飛ばし、刀等の武器も丈夫なアゴと鋭い牙で噛み砕いたと伝えられています。また、物事をあべこべにする女神であり、右は左、前は後ろといったようにあべこべにしないと気が済まないそうです。

「天逆毎」の物語

荒ぶる女神である天逆毎は、自分がスサノオという1柱の神から生み出されたのと同じように、自分1人で子供をもうけます。

この子供は「天魔雄(アマノサク)」と名付けられ、成長した彼は後に九天の王となり、荒神や高天ヶ原の神々に逆らう神は、この魔神に従属するようになったとされています。

「天逆毎」の正体

天逆毎は妖怪というよりも、元々荒ぶる神の猛気こら生まれた非常に危険な女神です。生み出した子供も危険な存在になりました。

天魔雄が魔神となり、あらゆる悪神を従える存在になっており、この魔神に取り憑かれた者はどんな人でも乱心してしまうと言われています。この魔神を生み出した天逆毎はまさしく「悪逆の母」と呼べるでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA