カップルのアレコレ

同棲前の不安【8選】悩み別に解決策を紹介!お金事情や家事の分担はどうしてる?

恋人がいる人にとって同棲は、関係を前に進める良い方法です。

今まではデートのときしか会えなかった恋人と、1つ屋根の下で暮らせると思うと喜びが湧きますよね。

あれもしよう、これもしようとウキウキが止まらないことでしょう。

しかし、一緒に暮らすことによって不安に思っていることもあるのではないでしょうか?

今回は、多くの同棲前のカップルが不安に思っていることを紹介するとともに、解決法もお教えします。

同棲前の不安と解決方法

同棲前は、こんな不安がありませんか?

  • 「すれ違いの生活になったらどうしよう」
  • 「ケンカばっかりしないかな」
  • 「お金はどうやって管理しよう」

このような不安を多くのカップルが抱えており、同棲してから別れてしまったカップルもいます。

ここでは、同棲前に多くの人が抱える不安を8つご紹介します。解決方法もご紹介するので、ぜひ実践してみてください。

同棲前の不安①生活習慣の不一致

相手とは育ってきた環境が違うので、生活習慣が違ってイライラが募ることもあるでしょう。

たとえば、朝食はパン派かご飯派か。味付けは薄味か濃い味か。小さなことですが、それが積もりに積もってケンカに、なんてことがあるかもしれません。

生活環境が違うのはあたりまえですが、それを自分が受け入れられるのか不安になりますよね。

解決方法:相手の生活習慣を受け入れる

生活習慣が違うのはあたりまえです。すべてを自分に合わせさせようとすれば、相手の我慢が限界にきて同棲生活が終わってしまうでしょう。

そうならないために、相手の生活環境の違いはあたりまえのことと受け入れましょう。

なにもすべて受け入れる必要はありません。どうしても止めて欲しいことは伝えるようにし、ほかのことはできるだけ理解を示していきましょう。

同棲前の不安②家事の分担

1人暮らししている人なら分かるかもしれませんが、実家から離れて暮らすと、今まで家の人がしていた家事をすべて自分たちでしなくてはいけません。

最初は2人で分担して家事をしていたけど、いつの間にか自分だけが家事をしている。

なのに恋人はスマホゲームに夢中で何もしてくれなくなった。

どうせなら、2人で楽しく家事をしたいですよね。

解決方法:家事分担表をつくる

同棲前に、家事の分担について話し合いましょう。そして、簡単に1週間の家事分担表を作ってみてください。

「こんなの作っても守らないかもしれないだろう」と思うかもしれませんが、目に見える形で作ることが大事です。

相手が家事をしていなかったら分担表を見せて「今日はあなたが当番でしょ」とはっきり主張できます。

同棲前の不安③お金事情(貯金や生活費など)

お金はどんな時も必要になります。

2人で暮らした方がお金は浮くと思いがちですが、実は光熱費や共同費用がかさむので意外とお金がかかります。

初めて同棲を始める人の多くが、節約をしながら生活をするでしょう。なかには、結婚式のお金を貯めるために同棲を始めるカップルもいます。

しかし、どちらがお金を管理して誰がどの費用を払うのか、漠然としたままだと勝手にお金を使われてしまうことがあるかもしれません。

お金は生活必需品のひとつですから、うやむやにしてはいけません。

解決方法:共有するお金と個人のお金で分けてみる

すべてのお金を共有する必要はありません。あらかじめ1ヶ月どのくらいかかるのか計算しておきましょう。

たとえば、食費や光熱費用のお金を2人で折半し、残りは自分たちの小遣や貯金としてとっておくのも良いです。

同棲してから別れてしまう時に揉めないように、暮らし始める前に細かくお金の使い方について決めておきましょう。

2人の共同財産用に、新しい通帳を作るのも良いですよね。

同棲前の不安④ケンカが増える心配・・・

同棲を始めると、毎日顔を合わせることになります。いままで知らなかった一面を見る機会が増えるでしょう。

しかし、毎日顔を合わせるということは、ケンカの頻度も増えてしまう可能性があります。

仲直りできるのか、ケンカが増えてもやっていけるのか、想像すると心配になりますよね。

解決方法:ケンカするのは当たり前と考えよう

ケンカのすべてが悪いわけではありません。むしろ、ケンカは本音を伝え合う良い機会です。

これを機に、相手との絆が深まることがあるでしょう。

正し、いつまでも怒りを引きずって仲直りできない状態にならないよう気をつけましょう。

謝るのが苦手ならば、「ケンカはその日のうちにやめる」というルールを設けてみると良いでしょう。ルールを設けることで、自然と仲直りができます。

同棲前の不安⑤休日の過ごし方

2人で充実した休日が過ごせるのか、心配になりますよね。

共働きとなると、休日が被ることは少ないでしょう。たとえ休みが重なり楽しくデートの約束をしても、疲れが溜まっていて翌日寝過ごしてしまった、なんてこともあるかもしれません。

もしくは、ずっと忙しく家事ができなくて、休日はそれに追われて一日つぶれてしまうこともあるでしょう。

解決方法:2人で過ごす日や時間を決める

無理に休日を一緒に過ごさなくても、2人で必ず過ごす時間や曜日を決めてみましょう。

たとえば、月曜日の夜は仕事上がりに2人で出かけたり、朝は必ず相手を見送るようにするなど、ちょっとした時間を決めます。そうすれば、一日中とはいかなくても交流の時間が生まれますし、心の安らぎになるでしょう。

また、相手が休日に家事に追われたら、ねぎらうようにしましょう。自分ができなかった分をしてくれたことを感謝の言葉で表すことで、相手も不満に思わずやって良かったと思ってくれます。

同棲前の不安⑥婚期を逃しそう

相手が結婚のことまで考えてくれるのか分からないと不安になってしまいますよね。

2人での生活が当たり前になると、結婚について改めて話すのがなんとなく気恥ずかしく思ってしまうものです。

長く同棲生活を続けた相手と別れてしまい、いつの間にか結婚適齢期を過ぎていたなんてことがあるかもしれません。

また、同棲生活が楽しくてずっと結婚せずにいるカップルもいるので、結婚願望がある人には不安でしょう。

解決方法:同棲の期間を決める

あらかじめ、いつまで同棲生活を続けるのか決めておきましょう。

たとえば、1年間暮らして問題がなければ結婚をすると決めておきます。

1年経って、結婚する気が起きなければそのまま同棲を続けるか、別れるかを話し合いましょう。

そうすることで、同棲生活が結婚生活の予行練習にもなります。

同棲前の不安⑦スッピンを見られる

女性にとってスッピンを見られるのは、裸を見られるのと同じですよね。

彼氏の前では綺麗な自分を見て欲しいものですが、同棲をするとなると一日中化粧をしているのは辛いです。

しかし、素の顔を見せて幻滅されたらと思うと、化粧を落とすのが怖くなってしまいます。

解決方法:同棲するまえに思い切って見せてしまう

同棲をしてからスッピンを見せて幻滅されるくらいなら、暮らし始める前に思い切って見せてしまいましょう。

意外と男の人は、化粧のときとスッピンのときの顔の変化が激しくても気にしないものです。

またスッピンを見せる前に、自分の顔に対する不安を彼に打ち明けてから化粧を落としましょう。

もし、素顔を見せて彼の態度が大きく変わったら、その人は顔で相手を判断しているので同棲は考え直したほうが良いです。

同棲前の不安⑧1人の時間がなさそう

疲れたとき、誰とも話したくないときってありますよね。

そういうときは1人の時間を作るのが一番ですが、同棲するとその時間が持てないのではないかと思ってしまうでしょう。

1人の時間が持てない生活に耐えられるのかと思うと、憂鬱な気分になりますよね。

解決方法:1人の時間を一緒に作る

自分が1人になりたいときがあるように、相手にもそう思うときがあります。

1人になりたいと思ったら、そのときは我慢せずに相手に伝えてみましょう。きっと相手も分かってくれます。

もしくは、軽い運動がてら、ランニングや散歩をすると良いでしょう。1人の時間が作れるうえに、運動で頭がスッキリして精神的なストレスも無くなります。

③同棲を成功させる心構え

すべてが上手くいくと思わないようにしましょう。

これまで違う生活をおくってきた人と生活するのですから、自分と同じ生活スタイルをとってくれるとは限りません。

時には、意見が食い違いケンカになることもあるでしょう。そのときはすべて相手が悪いと思うのではなく、2人で何がいけなかったのか、どうしたらよいのか話し合ってください。

ずっと楽しいと思える生活にするには、お互いの理解と楽しい生活にするための努力をすることが大切です。

④まとめ

今回は、多くの同棲前のカップルが抱える不安や、その解決法をご紹介しました。

これからの生活を思うと、不安なことや心配なことが多くあるでしょう。その不安は、多くの同棲カップルが抱えています。

その不安を抱えながらも上手く暮らしているカップルもいるのですから、不安に思うだけではなく今回ご紹介した解決法を実践してみて、これからの生活に思いを馳せましょう。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA