夫婦のアレコレ

働かない妻にイライラ|他力本願のグータラ専業主婦と上手く過ごす方法

昔は、結婚したら女は家で家事と子育てに専念するのが当たり前でした。

今は物価の上昇などで共働きする家庭の方が多くなりましたね。

しかし、夫婦の中には働いて欲しいのに働く気配がない妻もいます。

しかも、お金に余裕がないにも関わらず家や車などの高い物を欲しがったり、家事も手抜きが見られるようになれば離婚の文字が頭をちらつかせるでしょう。

本記事では、妻が働かない理由や解決法をご紹介します。

妻が働かない理由

結婚前は働きたいと言っていたのに、いざ一緒になったとたんに働く気を見せなくなる妻がいます。

旦那からすれば理解ができないでしょうが、妻には理由がきちんとあるのです。

ここでは、妻が働かない理由を挙げていきます。

子どもと一緒に居たい

小さい子どもは、目が離せません。

そのため、子どもが一1人である程度できるようになるまでは、育児と仕事を両立できないと考えてしまいます。

また、子どもと一緒に過ごす時間を減らしたくないと思っているのでしょう。

いつ体調を崩すかも分かりませんし、働くよりも子どもと過ごす時間を大切にしたいのです。

働く先の条件が多すぎる

働きたいけど、働く先が見つからないという人もいます。

そんな人は、働く条件が多すぎるのでしょう。

条件が多いとパートでもすぐには見つからないので、求人募集だけが増えていきます。

節約すれば良いと思っている

「お金に余裕がないから働いて欲しい」と伝えると、妻はもっと節約をすれば良いと思ってしまいます。

そうではなく、もっと余裕のある生活をしたいと思いますよね。

しかし、妻からすれば現状に満足しているので、もっと節約すれば大丈夫だと思ってしまうのです。

面倒くさい

単純に働くのが面倒くさいのでしょう。

面倒くさがりの人は結果よりも過程を重視するので、働くことで労力を消費してしまうことに面倒くささを感じています。

家が好き

もともと人や人混みが苦手な人は、家にいることを好みます。

そのため、働く気が起きません。この場合、過去にトラウマがある人もいるので、無理やり働かせようとするのは控えた方が良いです。

そういった場合は家でも仕事が出来る「クラウドワークス」に登録してみるのを勧めてみましょう。

妻に働いてもらう方法

どんな理由があれ、妻に働いてもらわないと生活が苦しいのはたしかです。

パートで稼ぐだけでも、光熱費や食費などが賄えるので、貯金もできるでしょう。

では、妻に働いてもらうための方法をご紹介します。

話し合い

素直な気持ちを伝えましょう。

ただ働いて欲しいと言うだけでは、妻には伝わりません。

どうして働いて欲しいのかをしっかり言葉にしましょう。

真剣に話しをすれば、妻も真摯に受け止めた上で答えてくれます。

代わりに仕事を見つけてくる

家事や育児に追われていると、仕事を探す時間が満足にとれません。

そこで、妻に合いそうな仕事を代わりに見つけてあげましょう。

働く意欲のある妻ならこの方法がおすすめです。

クラウドワークスに登録して、家でも出来る簡単な仕事を探してあげると良いかもしれません。

具体的に必要なお金を示す

面倒くさがりや、一戸建てや車などの高いものを欲しがる妻に最適な方法です。

このような妻は、1か月にいくら生活費が掛かっているのか把握していません。

そのため、いくらかかるのか、ローンを組んだとして今の生活でやっていけるのか、いくらお金が必要になるのか明確に数字に表してみましょう。

明確な数字を示すことで目標にもなり、働く意欲が湧いてきます。

家事を手伝う

家に帰ると、妻が忙しそうに家の中を動いていませんか?

そういう場合は、忙しすぎて家と仕事が両立できないと思っているのでしょう。

なので、旦那も家事を手伝ってみてください。

残業しても旦那がいるから大丈夫だと思うようになり、心の余裕が生まれ、働く気が起きるでしょう。

最低でも家事を頑張ってもらう方法

たとえ働かなくても、家事は最低限やってもらわないと困りますよね。

家の中で家事もせずに一日中グータラしていられても、イライラが募るだけで家に帰るのも億劫になります。

ここでは、せめて妻に家事を頑張ってもらうための方法をお届けします。

褒めてみる

家事をする妻を褒めてみましょう。

自分は感謝されないのになぜそんなことをしなくてはいけないのか、と不快に思うかもしれませんが、褒められると人は嬉しくなるものです。

夫婦間の仲が冷めきっていると、いきなり褒められて不振がる妻もいるでしょう。

しかし、褒められると少なからず嬉しい気持ちが出てきます。そのため、またしてみようと思ってくれるでしょう。

友人や同僚を定期的に招く

誰かを家に招くときは、家の中を綺麗していないと失礼になります。

なので、前触れもなく友人や同僚を家に招いてみましょう。

普段家事が面倒くさがる妻でも、急いで部屋の片づけをしだします。

そして、これを定期的に行うことで、家事を疎かにしないようにするのです。

ただし、この方法は妻との関係を拗れさせることもあるので、相手の性格を把握した上で行ってください。

丁寧に教えてあげる

もしかしたら、奥さんは家事が苦手なのかもしれません。

片付けが得意な人がいるように、苦手な人も当然いるでしょう。

家事をする気はあるのに、苦手なために上手くできないことをそのままにするのはもったいないです。

そのため、やり方を丁寧に教えてあげましょう。

根気強く付き合うことでコツをつかんでいき、問題なく家事をしてくれるようになります。

離婚すると言ってみる

最終手段として、離婚の言葉をチラつかせましょう。

この方法は妻がヒステリーになるかもしれませんし、夫婦仲を悪化させるかもしれないもろ刃の剣ですので、使いどころは間違えないようにしてください。

どうしても働かない妻と上手く過ごす方法

いくら話し合っても妻に働く気が起きなかった場合、どう過ごしていけば良いのでしょうか?

できれば穏便に過ごしたいですよね。

ここでは、働く気がまったくない妻と上手く過ごしていく方法を見ていきましょう。

家のことはすべて任せる

いっそ家のことはすべて妻に任せてしまいましょう。

妻が家のことをすべて引き受けてくれるのなら、旦那は家族を養うことに専念できます。

しかし、それで冷めきった家族になってしまっては意味がないので、話し合いの場を定期的に作ったり、休日は家族で過ごすようにしましょう。

節約生活を一緒に楽しむ

妻が働かないのなら、節約するしかありません。

子どもが小さかったり、妻の体が弱くて働けない家庭もあるでしょう。

無理をすることは得策ではありません。

節約生活が辛くても、2人でどうしたら楽しく暮らせるか工夫することで、温かい家庭を築いていきましょう。

会話しない

イライラがどうしても募る人は、妻と必要最低限の会話以外しなければ良いのです。

この方法は、夫婦の終わりを示す行為でもあるので、別居や離婚を視野に入れたほうが良いでしょう。

まとめ

働きたくても働く余裕のない妻もいます。

働かないことにイライラするのではなく、どうして働かないのか、まずは理由を知りましょう。

頭ごなしに働けと言っても、余計に関係がこじれるだけです。お互いにどう思っているのか冷静に話し合うことから始めてみて、どうすれば良いのか一緒に考えていきましょう。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA