生活のアレコレ

たまに感じるワキガの臭い|もしかしてストレス臭や疲労臭かも!?対策を紹介

ワキガになってしまうのには、一般的に遺伝だと言われていますよね。

実は、ワキガだと思っていた臭いがワキガでない場合もあることをあなたは知っていましたか?

恐ろしいことに、ストレスや疲労が臭いの原因となってしまい、ワキガのような臭いを放ってしまうのです。

この記事では、そんな誰にでも起こりうるストレスや疲労が原因での臭いについてまとめてみました。

ストレス臭や疲労臭とワキガ臭の違い、臭いへの対策についても紹介しますので

  • 「最近臭いを指摘される回数が多くなった」
  • 「たまに自分でもワキガのような臭いを感じるようになった」

という人は必見です!

たまに感じるワキガ臭の原因

ワキガと言えば、鼻にツンと来る臭いが特徴の一つに挙げられますが、鼻にツンと来る臭いはワキガだけとは限りません。

ストレス臭、疲労臭もワキガ同様、ツンとした臭いを放ってしまいます。

つまり、あなたが「ワキガになったかも…」と感じている臭いは、実はストレス臭もしくは疲労臭である可能性も十分に考えられるのです。

頻繁に臭うのではなく、疲れている時など、たまにワキガのような臭いがするのであれば、ストレス臭、疲労臭の可能性が高いと言えそうです。

ストレス臭や疲労臭とワキガ臭の違い

同じような臭いを放つワキガとストレス臭、疲労臭ですが、実は、3つの臭いの成分にはこのような違いがあります。

それぞれの原因を紹介します。思い当たる事がきっと多いはずです。

疲労臭の原因

まず、疲労臭の主な原因は、ストレスにより肝臓が弱ったことによることと言われています。

肝臓が弱ると、アンモニアが正常に処理できず、脇から分泌される汗の成分にアンモニアが含まれます。

その結果、ワキガのような臭いを放ってしまうことになるのです。

ストレス臭の原因

同様にストレスや疲労が原因でなるストレス臭ですが、疲労臭が汗として分泌されるのに対し、皮膚から発生すると言われている「皮膚ガス」として臭いを放ってしまいます。

そのため、汗を多くかかない人でも、臭ってしまうのが特徴です。

その時に発生する成分が「STチオジメタン」であることを資生堂が発表しています。

ワキガ臭の原因

最後に、ワキガの臭いの原因は、脇の下にあるアポクリン腺が影響しています。

あなたも「肉好きは体臭がきつい」ということを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

なぜなら、アポクリン腺から出た汗にはタンパク質が含まれいます。

皮脂の表面ある細菌がそのタンパク質を分解する時に、あのツンとした臭いを放ってしまっているのです。

このように、臭いは似ていても、それぞれ臭いの元は異なり、臭いの放出の仕方も異なります。

たまにワキガのような臭いが臭うのか、頻繁に臭うのかということを基準に、どの状況が今の自分に当てはまるのかを確認してみましょう。

突然臭い始める臭いの対策方法

今まで臭わなかった臭いがするようになると、どのように対策を講じたらいいのか分からない人もいるでしょう。

そこで、筆者がおすすめするのは、NOANDE(ノアンデ)です!

NOANDE(ノアンデ)ワキガ原因菌抗菌率は、99.9%とかなり高いだけではなく、肌に優しい成分でできているため、敏感肌の人でも安心して使うことが出来ます。

たまにワキガのような臭いがするというストレス臭や疲労臭でお悩みの方にもぜひおすすめです。

「臭いにおいが原因で自分に自信が持てない」という人は、ぜひ試してみる価値アリですよ!

NOANDE(ノアンデ)公式サイト≫

まとめ

あなたがたまに感じるワキガのような臭いが、ストレス臭や疲労臭であることが分かったら、あとは対策方法次第で臭いを改善することができます。

ストレス臭や疲労臭、ワキガ臭、全てが生活習慣も影響していますので、自分に合ったストレス解消法を見つけ、日頃からストレスと上手く付き合うように心がけ生活を送ること、そして、食生活を見直すことが大切です。

そして、自分にふさわしい臭いへの対策方法に悩んでいる人は、ノアンデを試してみることをおすすめします。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA